古くて新しい馥郁と薫、からだにやさしい酒 長期熟成酒とは、・・・

製造後、満3年以上熟成した日本酒を呼んでいます。長期熟成酒は、大別して造り方や熟成方法により3つに分けられます。

淡熟タイプ  吟醸酒などを低温で熟成したタイプ
中間タイプ  一定の温度で(10~20℃)で熟成したタイプ
濃熟タイプ  常温で熟成したタイプ

 長期熟成酒の魅力は、@美しい輝かしい色  A甘く独特な熟成香(風格のある高貴な香り)B口に含んだ時の味わいの柔らかさ C飲んだ後の余韻を長い時間楽しめることです。
 また、料理との相性も和食に限らず、中華・西洋料理などにもよく合う味です。
 長期熟成酒は(常温熟成)、長く常温で熟成していきますので、従来販売されています日本酒とは色・香り・口当たり・風味など、どれをとっても異なっています。
 本当に新しいタイプの酒です。そして、世界の醸造酒の古酒に共通していることは、どの酒も熟成しますと、香りも風味も熟成香を持つようになります。それは、全ての醸造酒に含まれている同じ成分が変化しているからと思われます。
 熟成酒は、二日酔いしにくい雄酒です。熟成によりアルコールの分子の大きな塊のクラスターが、数多くの小さな塊のクラスターに分かれて、体に吸収しやすい優しい酒に変わったからです。
 熟成酒は時間とともにオリが発生することがありますが、製品の品質には一切問題はありません。オリの発生は製品になってからも熟成している証拠です。 
長期熟成酒(古酒)は、時間が造り出した不思議な未知の味のお酒です。古代より古酒(熟成酒)は貴重なものとして、神仏に捧た神聖な酒です。鎌倉時代では、日蓮上人に古酒が送られた記録もありますし、江戸時代の『本朝食鑑』にも、諸白古酒という言葉が出てきます。明治政府は戦費調達の為に、清酒に税金を課しました。造った清酒の量に課す造石税です。この時より熟成酒を造る蔵はなくなりました。戦後、酒税制度が変わり、出荷した量に課す蔵出し税になり、熟成酒に挑戦する蔵もでてきました。長期熟成酒研究会は熟成酒を研究する会として、昭和60年に発会しました。今日まで全国から色々な酒が見つかりました。戦前に、もう二度と清酒は造れないと思い記念に造った酒とか、いつの間にか蔵の片隅に残り、最近見つかった酒とか、記念に取って置いた酒が、代替わりで忘れられて残った酒。しかし、この貴重な酒が、私たちの研究の参考酒・指標として現在に至ります。当社にも大正7年製造の自製酒が見つかりました。現在のところ飲める状態である日本で二番目に古い日本酒です。今まさに熟成酒が注目されはじめています。色が濃く香り豊かな味に挑戦して見ませんか。料理が熟成酒の良さを引き立て、熟成酒が料理の美味さを引き立てます。熟成酒は中国料理・肉料理と非常に相性が良く、美味しく召し上がれます。しかしご注意下さい。いくら古くて珍しくても、ただ古いだけでバランスの不調和な飲みにくい熟成酒も有ります。熟成酒研究会会員の熟成酒を飲むことを奨めます。
熟成酒は、飲み頃の温度が有ります。常温から40℃位のぬる燗の温度が最適です。また、冷たく冷やすことで酒の甘みと酸味をうまく引き出す事もあるます。

長期熟成酒研究会では自家熟適性酒を研究しています。熟成する事で美味しくなる楽しみと、自分だけの熟成酒を創る楽しみを持つことです。今、研究は始まったばかりです。オール麹造りの日本酒から多酸で個性のある美味しい酒まで色々研究が始まっています。朝日川酒造鰍ナは、江戸時代の仕込配合を研究して自家熟適性酒を造りました。今までの日本酒では味わえない不思議で美味しいお酒ができました。不思議な不思議な日本酒「江戸の仕込再現 浅黄水仙」です。

 

朝日川の長期熟成酒

朝日川酒造では常温熟成を主に研究しています。  現在熟成中のお酒は、昭和42年製造の吟醸酒をはじめ、  吟醸酒・本醸造酒・純米酒等、各タイプの熟成研究を行っています。  特にハプロイド酵母を使用した低濃度純米原酒は興味深いものがあります。  また、昔の文献を参考にして濃くのある熟成酒も研究製造しています。  精米歩合90%・85%の純米酒から日本酒度-30の純米酒まで幅広く、  琥珀色から赤褐色になる熟成酒を目指しています。  研究成果はHPで紹介しますのでご覧下さい。
【濃塾タイプ】 常温で貯蔵熟成したお酒
十年熟成酒  浅黄水仙
朝日川長期熟成酒 1986
朝日川秘蔵古酒 本醸造 1984
朝日川長期熟成純米古酒 1992
秘蔵古酒はあえて成分表は書きません。古酒 独特の香りと味、そして料理との相性をお楽 しみ下さい。

吟醸古酒とは違った味と香りが楽しめます。 シェリー酒のような感じで料理との相性を確 かめながらお楽しみ下さい              
【淡熟タイプ】 低温で貯蔵熟成したお酒
朝日川秘蔵25年
朝日川秘蔵15年
朝日川秘蔵古酒 吟 醸 1984
もう少し熟成予定のため現在販売しておりま
せん。                 
【中間タイプ】 定温で貯蔵熟成したお酒

       
【自家熟成適性酒】 家庭で熟成して美味しくなる酒
江戸の仕込再現 浅黄水仙 300ml
江戸時代の日本酒造りの文献を参考に製造した、不思議で美味しい味の日本酒。

長期熟成酒研究会


熟成酒に興味のある方、もっと詳しく聞きたい方は手紙・FAX・メールにてご連絡下さい。
山形県西村山郡河北町乙93
朝日川酒造株式会社
FAX:0237−72−7197