さば缶とタマネギのアチャール

酔いどれんぬの簡単レシピ
第16回「さば缶とタマネギのアチャール」 

  新型コロナで外出自粛だ、段階的緩和だといっているうちに、気がつけば折り返し地点も曲がってしまい、1年の半分が過ぎてしまいました。季節はもう夏です。新しい生活様式で迎える初めての夏がやってきます。今月は、猛暑となることが予想される今年の夏に合わせ、すかっと爽快に呑みたいお酒をご紹介させていただきます。賀茂泉酒造さんの「純米吟醸生原酒 ROCK HOPPER」です。

「賀茂泉 純米吟醸生原酒 ROCK HOPPER」

賀茂泉酒造さんが蔵を構えますのは、有名な酒どころの一つ、広島の西条です。酒蔵の白壁も美しい西条の地で創業されたのは大正元年と日本酒業界の中においては比較的若いですが、昭和40年にいち早く米と米こうじのみの純米醸造に取り組み、戦後純米醸造のパイオニア的存在とされています。今回のお酒「賀茂泉純米吟醸生原酒ROCK HOPPER」も米と米こうじのみで造られたお酒で、広島の酒米を広島のもみじ酵母で、広島杜氏が醸したオール広島の一本です。
冬に醸造されたお酒をそのまま瓶詰めし、4か月以上冷蔵庫で貯蔵されたお酒は、しぼりたてのフレッシュ感をそのままに、けれども寝かされたことによるまろやかさをまとい、冷やしてそのままはもちろん、氷を浮かべてロックで、炭酸水で割ってと色々な楽しみ方ができます。
 りんごのような香りが青いハーブや爽やかな香りのスパイスとの相性もよく、夏に食べたいアジア、インドのスパイス料理と合わせてもご機嫌です。今回は今人気のインド風漬物の「アチャール」を、コンビニ、スーパーでも手に入りやすいさば缶を使って作りました。暑い季節に火を使わずに簡単煮作ることができますので、ぜひお試しください。

さば缶とタマネギのアチャール

<材料>(2~4人分)
さばの水煮缶 1缶
タマネギ 1/2個
パクチー 1把
レモン果汁 大匙2杯
クミンシード 小匙1/2杯
コリアンダーシード 小匙1/2杯
塩 少々


<作り方>
1.タマネギを薄切りにし、ボウルに入れて軽く塩もみします。水がでてきたらしぼり、そこにほぐしたさばを加えます。粗みじん切りにしたパクチー、レモン果汁、スパイスを加え、塩で味をととのえます。
2.冷蔵庫でしっかり1時間以上冷やし、完成です。

<ワンポイントアドバイス>
1.さば缶の代わりにシーチキン、さけの水煮缶で作ってもおいしいですよ。
2.パクチーが苦手な方はパセリで代用ください。