イタリア風焼きナス

酔いどれんぬの簡単レシピ
第18回「イタリア風焼きナス」

 毎年夏は暑いからやせるはずと思っているのですが、今年もまったくやせることなく夏が終わってしまいました。そして食欲の秋です。今年こそはスポーツの秋も併用し、天高く馬肥ゆることなく秋の夜長の晩酌を楽しみたいと思います。今月は旬の秋ナスを使ったヘルシーな肴とナスの名産地でもある高知のお酒をご紹介いたします。濵川商店さんの「純米吟醸 美丈夫 純麗たまラベル 秋あがり」です。

純米吟醸 美丈夫 純麗たまラベル 秋あがり

濵川商店さんは高知県安芸の酒蔵で、日本三大スギ美林の一つである魚梁瀬杉のふるさと、魚梁瀬地区甚吉森を水源とする奈半利川の伏流水を仕込み水としています。醸されたお酒はその清流を感じさせる透明感溢れる味わいで、「美しく、強く、そして優しい」まさに美丈夫と思わせられます。
今回の秋あがりも美丈夫らしいピュアで透明感ある瑞々しさがあり、それでいてひと夏を越したことでまろやかさをおびた味わいとなっております。旬の梨のような香りと味わいはワイングラス、薄手のグラス、磁器でいただくとより楽しむことができると思います。和食はもちろん洋食との相性もよく、今回はイタリア風にアレンジした焼きナスと合わせてみました。

「純米吟醸 美丈夫 純麗たまラベル 秋あがり」と焼きナス
イタリア風焼きナス


<材料>(2~4人分)
ナス 4個
トマト 1個
タマネギ 1/4個
EXヴァージンオリーブオイル 大匙1杯
はちみつ 小匙1杯
塩 少々
イタリアンパセリ 少々


<作り方>
1.トマトのへたをとり、さいの目切りにします。タマネギとイタリアンパセリをみじん切りにし、トマトと共にボウルに入れ、オイル、はちみつ、塩と混ぜ合わせます。20分ほどおき、味をなじませます。
2.ナスのがくを切り、竹串などで皮に穴をいくつかあけます。魚グリル、またはトースターで15分ほど、全体にこげ目がつくまで焼きます。
3.皮をむき、へたを切り落とし、食べやすい大きさにさきます。粗熱をとり、器にもりつけ、ソースをかけます。イタリアンパセリをあしらって、完成。

<ワンポイントアドバイス>
1. ナスの皮にさし穴をあけないと破裂する恐れがありますので気をつけてください。
2. イタリアンパセリがなければバジル、大葉でも美味しいですよ。