鶏肉と舞茸の焼きびたし

酔いどれんぬの簡単レシピ
第20回「鶏肉と舞茸の焼きびたし」

11月になりまして、秋の深まりを感じるよりも急激な気温の低下に驚いております。秋というよりも初冬です。霜月とはよく言ったものですね、朝から熱燗呑みたくなってしかたがありません。今月はこんな季節に呑みたい、冷やでも燗でも美味しいお酒をご紹介させていただきます。藤井酒造さんの「夜の帝王 Daybreak」です。

夜の帝王 Daybreak

 藤井酒造さんは1863年に広島県は竹原市で酒造りを始められました。今も地下水を水道水として使う水に恵まれた地で、自然の力を可能な限り生かすよう、人間の力を最大限に使って醸されている全量純米造りの蔵です。
 今回ご紹介します「夜の帝王 Daybreak」は名前だけきくと夜の街でご活躍される感じの、1升瓶を呑みほしそうな男性を思わせ、無濾過生原酒タイプを連想されますが、実は真逆。低アルコールでDaybreak(朝)までだらだら呑むことができる優しいお酒なのです。
 香りや甘みが突出せず、爽やかな酸が心地よく、呑み飽き呑み疲れせず、たしかに朝までとめどなく呑めてしまいます。だらだら楽しみたいけれども、体はだらだらになりたくない。そんなあなたに、つまみながら呑んでも大丈夫なヘルシーな肴を紹介させていただきます。低カロリー高タンパクな鶏胸肉と旬の舞茸を使った「鶏肉と舞茸の焼きびたし」です。

鶏肉と舞茸の焼きびたし


<材料>(2~4人分)
鶏胸肉 180g
舞茸 1株
水 100cc
日本酒 100cc
ゆず果汁(又はレモン、スダチ) 大匙2杯
しょうゆ 大匙2杯
塩 少々


<作り方>
1.鶏肉に塩をし、日本酒と共にジップ袋に入れ、冷蔵庫で一晩寝かせます。
2.翌日、冷蔵庫の袋をとりだし一口大に切ります。トースター又は魚グリルで舞茸と共に10分程焼き目がつくまで焼きます。その間に、鶏をつけておいた日本酒と水を鍋に入れ、火にかけます。煮立ったら灰汁をとり、火を止め、保存容器に入れます。
3.そこにゆず果汁、しょうゆを加え、焼けた鶏と舞茸を入れ、全体をなじませます。1時間程漬けたら器に盛りつけ、完成です。

<ワンポイントアドバイス>
1.お酒は少し贅沢ですが夜の帝王を使ってください。もちろん他のお酒でもおいしいですよ。
2.舞茸ではなくシメジ、エリンギでも代用可能です。