がっこポテサラ

入江亮子氏のおうち酒簡単レシピ
48回 「がっこポテサラ」

天の戸 生もと純米

入梅の報に気を曇らせる今日この頃ではありますが、雨後の新緑はひときわみずみずしく、鬱陶しい季節にも良いことはありますね。また梅雨の晴れ間がやけにありがたく、人間なんでも気の持ちようだなぁとしみじみいたします。さて、蒸し暑さでけだるい毎日ではありますが、お燗でしっかと体調を整えて、訪れる猛暑に備えたいもの。今回ご紹介するのは、秋田は横手の浅舞酒造「天の戸 生もと純米」です。天の戸といえば、生産地にこだわり2011年からは蔵から五キロ圏内の米で純米酒だけを仕込んでいます。この生もとは白麹仕込みで、全体をほどよく優しい酸が引き締めており、純米らしい味わいに奥行きも感じられ、延々と呑んでしまいそうなお酒です。お猪口に注いでは、手のひらで温める”手のひら燗”でより優しさと膨らみを感じていただけましたらと思います。

秋田と言えばいぶりがっこ。最近はそのものを食べるだけでなく、チーズと合わせたり様々な料理の隠し味に使われたりと大活躍の食材ですよね。今回は日本のマンマの味の代表格ポテトサラダにクリームチーズと加えて、お酒のアテにしました。いぶりがっこのスモーキーな香りとクリームチーズの酸味がお酒と口の中で融合する瞬間を楽しんでくださいね。


<材料>2人分
ジャガイモ(大きめ) 1個
いぶりがっこ 50g程度
クリームチーズ 100g
塩コショウ 適宜
たまねぎ 10g(1/8くらい)
マヨネーズ 大さじ1
 
<作り方>
1.ジャガイモは塩少々を入れた水に入れ、ふっとうしてから15分程度、柔らかくなるまでゆでる。急いでいるときは、皮を先にむいて、ラップをして電子レンジにかけてもけっこうです。

2.タマネギはみじん切りにして、水に5分程度さらし、軽く絞っておく。
3.いぶりがっこは粗みじんに刻んでおく。
4.ボールにゆであがって皮をむいたジャガイモを入れ、2と3を加えて、クリームチーズ、マヨネーズ、塩コショウで調味する。

<ワンポイントアドバイス>
1.いぶりがっこが好きな方は、ジャガイモの半量まで入れて大丈夫です。その場合は塩は必要ないかと思います。必ず味見をして足りないようなら塩は加えてください。
2.残ったら、俵型に成形してパン粉をつけて両面焼いても、コロッケみたいで美味しいですよ。コンソメスープで煮れば具だくさんのスープにもなります。
3.タマネギの代わりに万能ネギなどを使えばより和風になりますし、彩りもきれいですね。