鮎の緑酢和え

入江亮子氏のおうち酒簡単レシピ
25回 「鮎の緑酢和え」

鮎の緑酢和えと「御代櫻 純米酒」

「毎年七夕をすぎますと、梅雨も明けてまさに「夏雲奇峰多し」、日差しも強くなり、青い空と白い雲のコントラストがまぶしい毎日ですね。ただ季節に人間の体がまだついていけてない時期でもあって、真夏よりむしろ今時分のほうが体調は崩しがちです。どうぞ体に優しいお燗酒で体の内側から温めて上げましょう。今回ご紹介する「御代櫻 純米酒」は、懐にも優しいリーズナブルな純米酒です。ラベルにもありますように芳醇辛口な味わいです。ですので常温からぬる燗あたりですと最も旨みを楽しんでいただけます。また60度越えをさせて、フーフーしながら飲みますと、なんともすっきりとした味わいにも変身するので、どうぞ色々な温度でお試しください。

お蔵のあります美濃加茂市は鮎の名産地でもあります。まさに旬な鮎を使った簡単でしゃれた一品をご紹介しましょう。
最近は養殖物の鮎もスーパーなどで簡単に手に入ります。ただの塩焼きに飽きたら作ってください。枝豆も前夜の残りもので大丈夫です。キューリの持つ瓜独特のさわやかな香りと同様の香りを鮎ももっているので、よくマッチした味わいになりますし、彩りもよく涼しげな一品です。


<材料>2人分
鮎 1尾
きゅうり 1/2本
枝豆 適宜
みょうが 1本
酢 大さじ1
味醂・淡口醤油 各小さじ1

<作り方>
1.枝豆は茹でて、豆だけ出しておく。目安は大体一人10粒程度。
2.鮎は洗って塩少々をふり(分量外)、焼いてから骨と内臓を取り除き、半身を斜めに3~4等分に切る。
3.ミョウガは縦半分に切ってから斜めに3cmくらいの長さに切っておく。
4.キューリはおろし金でおろし、酢、味醂、淡口醤油で調味しておく。
5.1~3をまぜて盛り付け、上から4をかける。

<ワンポイントアドバイス>
1.鮎は冷めると身がかたくなるので、熱いうちに骨と内臓を取り除いてください。
2.きゅうりは退色しやすいので、食べる直前に調味料すべてを一緒に加えてください。