夏野菜の揚げ出し

入江亮子氏のおうち酒簡単レシピ
73回「夏野菜の揚げ出し」

今年は梅雨が短く、急に真夏ですね。連日の暑さでぐったりの方も多いかと思います。
さて、今月ご紹介するのは群馬のお酒「聖 若水50 純米吟醸 瓶火入れ」です。
聖酒造さんは、伊香保温泉のある渋川市にあり、創業は天保12年、189年の歴史あるお蔵です。水源は、赤城山西南麓に流れる清冽な伏流水を使用しています。
ご紹介する群馬県産の「若水」で造った純米吟醸は、若水らしい濃醇な味で、火入れですがフレッシュ感もあって、若い方にも大人気です。ボディがあるので肉料理などでもいいかと思いますが、お酒が美味しくなる季節のヘルシーおつまみ「夏野菜の揚げ出し」を合わせてみました。作り置きもできる便利な夏の一品です。

「聖 若水50 純米吟醸 瓶火入れ」と夏野菜の揚げ出し
夏野菜の揚げ出し

<材料>2人分
赤パプリカ・黄パプリカ各1/2個、
ズッキーニ1/2本
ベビーコーン2本
茄子1本
漬け地:出汁160CC
醤油・味醂・酒各20CC
砂糖小1
鷹の爪1本
 
<作り方>
1.野菜は食べやすい大きさに切り、160度くらいで素揚げし、湯をかけ油抜をしておく。茄子は高温でないと皮の色が退色してしまうので、一番最後に180度くらいに油の温度を上げてから揚げてください。
2.漬け地の材料を鍋に入れ温め、1を入れ一煮立ちさせたら、鍋ごと氷水で冷やし盛り付ける。

<ワンポイントアドバイス>
漬け地の比率は出汁8:醤油1:味醂1、砂糖少々と覚えてください。
油抜きは絶対にやってください。お湯をかけるだけですが、漬け地がしみこみやすくなりますし、さっぱりと仕上がります。
鷹の爪は長いまま入れて、好みで盛り付けるときに輪切りにして載せてください。また鰹節や粉山椒をふっても美味しくいただけます。
氷水で冷やすのは急冷したほうが食材が痛まず早く漬け地も浸透するからです。すぐに食べない場合でも急冷してから冷蔵庫で保存してください。2,3日は美味しくいただけます。
他に合う材料として、ニガウリ、トウモロコシ、カボチャ、ピーマンなどもおすすめです。