ポークソテー リンゴソースかけ

入江亮子氏のおうち酒簡単レシピ
80回「ポークソテー リンゴソースかけ」

寒さと乾燥で、インフルエンサが猛威をふるっています。
予防には手洗いとうがいをまめにするしかないようです。また疲れやストレスを翌日に残さず免疫力を上げるのも大事ですね。ストレス解消には、適度な晩酌が一番です。今月は、岡山の利守酒造さんの新酒「酒一筋 純米吟醸しぼりたて」をご紹介します。この時期にしか味わえない搾りたての新酒は、はじけるようなフレッシュ感いっぱいです。味わいも利守酒造さんらしいしっかりとしたパンチと伸びある味わいで、お燗でも楽しめることでしょう。
使用米はもちろん岡山の酒米、雄町。最近では”オマチスト”と呼ばれる熱狂的なファンも増えましたが、長稈で育てるのが難しい米のため、一時は途絶えていたのです。その復活に尽力したのが利守酒造さんなのです。「地米・地の水・地の気候風土」この三拍子が揃ってはじめて本物の「地酒」を造れるのだ、という思いを実現するのには並大抵のご苦労ではなかったかと思います。
雄町の魅力は何といっても米の旨味。テロワールを感じつつ、ぜひじっくりと味わっていただきたいと思います。

「酒一筋 純米吟醸しぼりたて」とポークソテー リンゴソースかけ

さて、このパンチあるお酒に合わせる料理は、やはり肉。「ポークソテー 林檎ソースかけ」にしました。旬の林檎を刻んでソースにし、きりっと〆めています。また林檎の持つフルーティな香りはお酒の中にもあり、香りの同調も楽しめます。

ポークソテーリンゴソースかけ

<材料>(2人分)
豚ロース 150g
塩・胡椒 少々
小麦粉 少々
サラダ油 少々
バター 大さじ1
林檎 1/4個
はちみつ・醤油 各大さじ1

<作り方>
1.肉は軽く筋切りしてからに塩・胡椒し、小麦粉を薄くまぶす。
2.フライパンにサラダ油を敷き、1を両面焼く。大体7ミリ程度の厚さの肉で表3分、裏2分です。
3.肉を取り出し、バターを加え、7ミリ程度に切った林檎を炒め、透明感が出てきたらはちみつと醤油で調味し、2にかけて召し上がってください。

<ワンポイントアドバイス>
1.林檎はどんな種類でも結構ですが、炒めて調味をしたら食べてみて、酸味が足りないようならレモン汁を少々加えてください。
2.今回はソテー用のやや厚めのロース肉を使用しましたが、好みで薄切り肉でも大丈夫です。