いちごの白和え

入江亮子氏のおうち酒簡単レシピ
79回「いちごの白和え」

新年あけましておめでとうございます。昨年は豪雨や地震、台風など自然災害にみまわれた1年でした。甚大な被害に遭われたお蔵も多く、今年は平穏な1年であってほしいと心から祈ります。

さて、今年最初にご紹介しますのは、岩手県最古の酒蔵、菊の司酒造さんの季節純米シリーズ「季楽(きらく)」から「純米新酒 美雪(みゆき)」です。この「季楽」シリーズは四季を感じ る素晴らしい企画酒で、同じ原酒をシーズンによってさまざまに楽しめます。今回はできたばかりのフレッシュな純米おりがらみの生で「美雪」という名称です。ひとめぼれを使用した無濾過生原酒ですが、飯米使用のためか、どすんと重い感じはなく、滑らかでフレッシュ感あふれる飲み心地で、爽やかな吟醸香もバランスよく、あまりにするすると飲めてしまうので正直飲みすぎ注意です。ぜひ温かいお部屋できりっと冷やしてお召し上がりください。

「純米新酒 美雪」といちごの白和え

合わせる料理は、なんと苺!シンプルに甘酸で合わせました。

いちごの白和え

 

<材料>(2人分)
苺 数粒
木綿豆腐 1/4丁
ビーツ 少々
砂糖 小さじ1/2
塩 少々
練り胡麻 小さじ1

<作り方>
1.苺は食べやすい大きさに切っておく。
2.ビーツは皮ごと柔らかくゆでて皮をむいておく。
3.木綿豆腐は水切りして調味しておく。
4.3で1.2を和える。

<ワンポイントアドバイス>
1.和えるときは必ず食べる直前に。
2.さっぱりとさせたいときは、練り胡麻を入れない、あるいはカッテージチーズに少しレモン汁を加えて作ってください。ヨーグルトやクリームチーズでも楽しめます。
3.ビーツはなくても結構ですが、ザクロやトマトなど同じ赤い色味のフルーツや野菜を加えてあげるとより味わいに深みが出ます。

柿の白和え

入江亮子氏のおうち酒簡単レシピ
65
回 「柿の白和え」

朝夕の冷え込みが厳しくなって、日に日に色づく木々に秋を感じますね。さて今月は宮城の名酒、株式会社佐浦さんの「浦霞 純米大吟醸」をご紹介いたします。山田錦45%磨きの贅沢なお酒です。上立香は上品な果実香、一口含めば強者の左党も納得のしっかりしたアルコール感もあり、米のうま味の余韻も長く、そのバランス感に何度飲んでもほれぼれしてしまいます。

「浦霞 純米大吟醸」と柿の白和え

合わせる料理は旬の柿の白和えです。ちょっと豆腐の裏ごしが面倒かもしれませんが半丁なら2,3分でできます。コツは練り胡麻を少しだけ加えること。味わいにコクが出ます。またお酒の風味や柿の甘さが引き立つように、味付けは控えめにするのもポイントです。

柿の白和え

<材料>2人分
柿 2個
木綿豆腐 1/2丁
練り胡麻 小さじ1/2
砂糖 小さじ1
淡口醤油 小さじ1/3
塩 少々
酒 小さじ1
 
<作り方>
1.柿はヘタから2cm位のところを切り落とし、蓋に使います。実のほうはペティナイフで皮から1cm内側に一周ぐるっと筋をつけてから中身をスプーンなどでくり抜いて1cm四方に包丁で形を整えておきます。
2.豆腐は4等分程度に切り、3分熱湯でゆがいて水切りし、裏ごしして調味しておきます。裏ごしにかけず、あたり鉢で当たっても結構です。
3.食べる直前、くりぬいた柿と2を混ぜ合わせ、柿の器に盛り付けます。

<ワンポイントアドバイス>
1.豆腐をしっかりゆでると日持ちが良くなります。電子レンジで500Wで1分程度でもできます。
2.練り胡麻は、胡桃ペーストやピーナッツバターでも代用できます。もちろん入れなくても美味しいですが、秋らしいコクが出ます。
3.柿だけでなく、シメジやほうれん草、人参などいれても良いですね。茹でて醤油と味醂で必ず下味をつけて混ぜて下さい。調味料の量は数滴で大丈夫です。

田楽

入江亮子氏のおうち酒簡単レシピ
22回「田楽」

今年のお花見はいかがでしたか。急に暖かくなり咲いたかと思ったらさっと散ってしまい、そんなところも日本人のメンタリティにはぐっときますよね。さて今回ご紹介するのは大七酒造さんの生もと純米吟醸「螺鈿(らでん)」です。2011年製なので3年熟成ですが、推奨温度の10~13度で飲みますと、すっときれいで落ち着いているなぁとは思っても、熟成酒とは気が付かない方も多いのではと思います。40度前後のお燗にしますと生もとらしいキレとシャープな輪郭、余韻がでてきて、またたまりません。合わせる料理は江戸時代からお花見には欠かせない我が国伝統のファーストフードともいえる「田楽」にしました。味噌も発酵食品ですので、お酒にはよく合います。お試しください。豆腐田楽は豆腐百珍にもでてくる、歴史ある料理。練り味噌をつけて焼くだけのシンプルな料理ですので、ぜひ定番料理にしてください。今回はお酒と同じ大七酒造さんで出されているとろける酒粕も加え、よりお酒のアテとして合うように作りました。この酒粕はもともとやわらかいので調理がしやすく便利です。

純米吟醸「螺鈿(らでん)」と田楽

<材料>(2人分)
木綿豆腐 1丁

けしの実・木の芽 適宜
・練り味噌(赤味噌)
(赤味噌50g、砂糖30g、酒大1、酒粕小1)
・練り味噌(白味噌)
(白味噌50g、砂糖小1、酒大1、酒粕小1)

<作り方>
1.豆腐は厚さ1.5cmに切ってから、ペーパーなどで水切りしておく。
2.味噌をつくる。赤、白それぞれ鍋に材料を入れ、よく混ぜてから火にかけ、砂糖が溶けて艶が出てきたら火を止め、荒熱がとれたら酒粕を加える。
3.グリラーやオーブントースターで豆腐を焼いてから味噌をぬり、さらに焼き目を付ける。
4.3に串を刺して、けしの実や木の芽を乗せる。

<ワンポイントアドバイス>
1.練り味噌は冷蔵庫に入れて数か月は持ちますので、大目に作っておき、ぬたなどいろいろな料理に使ってください。なお酒粕は使用するときに混ぜてください。
2.トッピングはほかに粉山椒、七味唐辛子、ゴマ、青のりなども美味しいですよ。
3. 豆腐の水気はしっかりと取ってください。水切りが甘いと焼いてからびしょびしょになってしまいます。